私の志

 平成20年(2008)地盤・看板・鞄の無い私が市民の皆様に投げかけたテーマは「本物の政治」でした。若輩のよそ者が大上段に語る姿勢に叱咤をいただいたこともありました。国政での秘書経験、会社員としての経験は必ず皆様のお役に立てると考えておりました。

 平成24年(2012)「未来への責任。」を訴え、ありがたくも地域の皆様や辛苦を共にしてきた方々のお力添えがあり、再度、発言の場を頂戴いたしました。「仕事でご恩返しがしたい」その一心で、議会最大会派に所属し、政権与党である自民党にお世話になりながら、市政に関する諸問題について真摯に向き合ってまいりました。

 そして今。吉川市は人口の増加・若年女性人口が増加する全国でも珍しい街・美南駅を中心とした新しい街づくり等、明るい話題が多くなっております。しかしながら、今後数年のうちに死亡者数が出生数を上回る「自然減」が起こることは指標にて明白です。また、開発行為が止まれば転出者が転入者を上回る「社会減」になり、税収も横ばい若しくは下降となり、市民生活へ多大な影響がでることが予想されます。

 今こそ、新たな発展モデルを創り、10年50年100年と安心して暮らせる吉川市を創り出すことは、今を生きる私たちの将来・未来への責任です。

 若者の行動力・実行力、尊老の経験・体験をまとめ上げながら、 皆様と一緒に「将来・未来の吉川」、「人財輝く吉川」に進むため、全力で挑戦していきます。

 応援、よろしくお願いしたします。